*野鳥風月はぐれ鳥*

たいそうなタイトルですが、ミニ野鳥図鑑です。ちょっと一服、お茶でも飲みながら野鳥写真で和みませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オオルリ2番子(?)の誕生

IMG_9375-ppp.jpg

オオルリの雛(♂) 2007年7月撮影

以前、オオルリ♂が再びさえずり始めたので、オオルリ2番子の準備かな?と書きましたがどうやら本当だったようです。

野鳥を永いこと撮影されている方に伺いましたが、「オオルリの2番子は聴いたことが無い」とのことでした。
ですからあまり自信は無いのですが、3ヶ月近く観察を続けた結果を総合すると、(2番子の)可能性が高いと思っています。




IMG_9369-p.jpg

雛は、怖さを知らないので私たちに近づきすぎて、困るくらいでした。
仕方なく後退して、最短撮影距離くらいでの撮影です。

4羽生まれたうち3羽は、(生まれてから)10日目で巣から転げ落ちるように出てしまったそうです。

その原因は、青大将が巣に近づいてきたからだと、先に来ていた友人のM氏から聞きました。
最初のうちは、ヘビの存在に気がつかず、落ちた雛を2度巣に戻したんだそうですが、二度とも再び出てしまったとのこと。

残った1羽の雛をめがけ、青大将が接近する。。。
親鳥の♂が、巣の近くで懸命に鳴きながらホバリングする様子を見て、別の写真仲間の方がレンズを向けて、その存在を知り「ヘビだ!!」と叫んだ時、友人のM氏が駆け寄り素手で掴み放り投げ、事なきをえたそうです。

解説が長くなりましたが、予定より1~2日早く巣立ってしまったお陰で撮影できた雛の写真です。






IMG_9397p.jpg

私のカメラバックに置いてあったアルバムにも登ろうとしましたが、二度とも滑り落ちました。

巣から落ちた雛は、最初のうちは頼りなく歩くだけでしたが、数時間経つと、身長の5倍くらい高い石に登るようになります。
成長の速さにには、驚くばかりでした。





IMG_9364-p.jpg

巣立った雛に餌を運ぶ、オオルリ♀

子育て中の雛に給餌する回数は、♀の方が多いのですが、緊急事態の時は、♂の出番が圧倒的に多いですね。
♂が警戒するなか、♀も給餌にきました。




IMG_9338-p.jpg

給餌後の母子です。



IMG_9071p.jpg

こちらは給餌する♂

巣には未だ一羽雛が残っていましたが、生きられる可能性を判断したかのように、親たちは巣立った子(3羽)だけに給餌しておりました。

巣に残った雛の鳴き声が、だんだんか細くなります・・・




IMG_8931p.jpg

画像は、1番子の時より直線距離にして100m前後の場所に営巣した子育て中のオオルリです。

前回の巣は崖の中腹で、人の近づけない場所でした。
今度のは地上から1mもなく、子供でも簡単に手が届く所です。
人の出入りが多い渓流沿いですので心配しましたが、無事に4羽が生まれました。






IMG_9212-p.jpg

その後、地上の雛は青大将に再び狙われましたが、居合わせたカメラマンで追い払いました。

この画像は、ヘビ騒動が一段落したときのものです。





IMG_9288-p.jpg

落ちた雛を人間の手で巣に戻すと、子育てしなくなると聞いていましたが、巣立ちの時期だったためか、頻繁に餌を運びます。

危険な場所から、早く遠のかせたいのでしょう。





IMG_9293-p.jpg

警戒心の強いオオルリも、私たちの直ぐ近くで餌を獲るようになりました。
たぶん、雛たちを見守れる範囲での行動かと思いました。

二度にわたり、ヘビから雛を守ってくれた人間に慣れてきたんでしょうね。
私たちから2mくらいの場所で、ホバリングしながら捕食する姿を数回見ることができました。




IMG_9328-p.jpg

この日は夕方の5時ころまで居ましたが、徹夜で見守ることは不可能ですので、雛たちの無事を祈りながら帰還しました。

翌朝、様子を見に行きましたが、巣には残された1羽も居ませんでした。
ふと、地面に眼をやると青大将が!。
雛が数羽犠牲になったかも・・・と思いながら、周囲を探索。

巣から10数m離れた場所から雛の鳴き声が聞こえます。
親鳥を観察していると、♂が餌をくわえ運んでおり、雛の鳴き声は三羽、別の場所からももう一羽聞こえます。
姿は2羽しか確認できませんでしたが、無事に4羽巣立ったと確信しました。



IMG_9416-p.jpg

生存が確認できた2羽のうちの一羽(♀)です。

♂雛も見ましたが、草むらに隠れてしまい撮影できませんでした。




IMG_9441-p.jpg

対岸まで3mくらいの距離を飛び、無事着地しました。

まだまだ、これから幾多の危険に逢いながら成長していくことでしょう。
来年もまた、元気でこの地に戻ってきて欲しいと願いながら、今年のオオルリとはお別れです。



スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/07/29(日) 16:38:16|
  2. オオルリ(大瑠璃)

プロフィール

@黄昏♂

Author:@黄昏♂
・194○年小笠原村母島に生まれる。

・使用機材:OlympusE-1 ZD14-54mm ED50-200mm+EC-14
・デジスコ:NikonEDⅢ+S80、現在EDⅢを里子に出しED82を使用。・2007年4月コーワ774導入。774+
30/38XWFA+S80がメイン機種になりました。
☆記事にデジ一眼or一眼デジスコと記入以外の写真は、全てデジスコでの撮影です。
☆撮影場所は都道府県単位で表示しますが、表示のない物は全て東京都での撮影です。

リンクはご自由にどうぞ。

☆記事に間違いがありましたら、訂正させて頂きます。
メールフォームからご一報いただけたら幸いです。

※画像は著作権を有します。無断使用、無断複製を禁じます。
※撮影場所等のお問い合わせは、ルールによりお応え出来ません。(ごめんなさいね)

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。