*野鳥風月はぐれ鳥*

たいそうなタイトルですが、ミニ野鳥図鑑です。ちょっと一服、お茶でも飲みながら野鳥写真で和みませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水場のオオルリ

IMG_4791p.jpg

オオルリ♂(2007年5月 山梨県で撮影)

この場所は狭いので、デジスコでは大きな画像になってしまいますが、図鑑用としては良いかもしれませんね。
いろいろな野鳥が水浴びしたり、水を飲みに来ていました。



IMG_4500-p.jpg



IMG_4631-p.jpg



IMG_4753-p.jpg



IMG_4821-p.jpg



IMG_4854s.jpg



IMG_4888s.jpg




スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/31(木) 08:43:11|
  2. オオルリ(大瑠璃)

キビタキその2

IMG_4766-s.jpg

キビタキ♂(2007年5月 山梨県で撮影)

この場所に行かれた方なら、一目で撮影地が判ってしまう写真ですね。(笑
とても閑静な場所ですが、カメラマンは沢山おりました。




IMG_4736-s.jpg

こちらはキビタキ♀です



IMG_4775p.jpg




テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/31(木) 07:58:25|
  2. キビタキ(黄鶲)

姿もさえずりも美しい・キビタキ

IMG_5107.jpg

キビタキ♂(2007年5月撮影)

森の妖精とも喩えられる、美しい野鳥です。
私は、初めて出会ったカワセミに感動し、野鳥写真撮りに嵌りました。
その後、ルリビタキやオオルリにも出逢いましたが、キビタキの美しい姿と美声に新たな感動を覚えます。

・スズメ目ヒタキ科
・体長13cm~14cmの夏鳥
・丘陵から山地の樹林帯に生息し、縄張りを形成する
・縄張りの広さは、半径100m~150mくらい
・昆虫を空中捕食し、木の実を食べることもある
・さえずりはピッコロ、ピッコロ、ピーチッチと鳴きますが、時にチョットコイ、チリリリリなどのさえずりも混じります。

以下、いろいろなポーズをお楽しみください。



IMG_5088-ss.jpg



IMG_3986-s.jpg





IMG_4334-s.jpg



IMG_4399s.jpg



IMG_5004s.jpg



IMG_5250s.jpg



IMG_4994s.jpg





IMG_4910s.jpg




IMG_4417ss.jpg




IMG_4449-s.jpg




テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/31(木) 07:44:18|
  2. キビタキ(黄鶲)

亜麻色のサギ・アマサギ

IMG_3718-p.jpg

アマサギ(2007年5月撮影)

田植えの準備が始まるやってくる夏鳥です。
亜麻色ってどんな色?・・・調べたら”淡い金髪”とありました。
淡い茶褐色にピンクが混ざった色に見えます。

・コウノトリ目サギ科
・体長50cmほどの、コサギより小さい夏鳥
・他のサギ類と同様、昆虫類やトカゲ、カエルなどを捕食
・冬羽はコサギに似るが、クチバシは黄色く足指は黒い
(コサギのクチバシは、年間を通して黒く足指は黄色い)





IMG_3786s.jpg




IMG_3796-p.jpg



IMG_3812-p.jpg



IMG_3813-p.jpg

アマサギの魅力は、亜麻色とともに、ふさすさな柔らかそうな羽ですね。





IMG_3864-s.jpg




テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/21(月) 05:34:21|
  2. アマサギ(亜麻鷺)

小さな野鳥ミソサザイ

IMG_3181-s.jpg

ミソサザイ(2007年5月撮影)

渓流沿いの林道でさえずる、日本最小クラスの野鳥です。
身体は小さいが、「チリチリチリ」と、とても大きな鳴き声。
この澄んだ鳴き声は、林道を散策する人の心を和ませてくれますね。

・スズメ目ミソサザイ科
・体長10cmと小さく、渓流の倒木や石に止まって囀っていないと見つけるのが難しい野鳥
・渓流沿いの樹の根元やコケの上の虫を捕食する
・倒木の下や根の隙間に巣を作る
・雌雄同色




IMG_3158-ss.jpg



IMG_3173s.jpg



IMG_3190-s.jpg



テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/18(金) 06:20:01|
  2. ミソサザイ(鷦鷯、三十三才)

鳴き声を間違えられたブッポウソウ

IMG_3460-ss.jpg

ブッポウソウ♂(2007年5月撮影)

「ブッ・ポウ・ソウ」と鳴くと信じられていたため、この名が付けられたんですが、実際には、この鳴き声はフクロウ目のコノハズクなんですね。
(平安時代に名づけられ、昭和初期に間違いが判明したそうです。)

・ブッポウソウ目ブッポウソウ科
・体長30cm、ハトより少し小さい夏鳥
・飛行中のトンボや昆虫を空中捕食する
・「ゲッゲッゲッ」と鳴く
・森林の減少と、電柱がコンクリートになってきたため、キツツキの巣穴が減少したことも、数が激減した理由の一つ。
・絶滅危惧種の野鳥。
・雌雄同色で、抱卵は♀のみが行い♂は餌を運ぶ




IMG_3465-s.jpg

カメラ目線ですね。



IMG_3360s.jpg

カップル誕生。

左♂が右♀に求愛給餌していました。
♂のほうが、少し大きいようです。
(♀のほうが大きいという方もおりまして、正確なところは判りません)




IMG_3397-s.jpg



IMG_3410-s.jpg



IMG_3538-s.jpg



IMG_3541s.jpg



IMG_3544-s.jpg



IMG_3572s.jpg




IMG_3643-s.jpg



IMG_3662-s.jpg



IMG_3681s.jpg





IMG_5462-s.jpg



IMG_5478s.jpg



テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/18(金) 05:44:35|
  2. ブッポウソウ(仏法僧)

オシドリ夫婦

IMG_0537s.jpg

オシドリのペア(2007年3月撮影)

仲のよい夫婦を「おしどり夫婦」と喩えますが、繁殖期ごとに相手を替え、繁殖期以外は♂♀別行動するそうです。
喩えに使われるほど、仲がよいというわけではないんですね。

・カモ目カモ科
・体長45cmの渡り鳥
・水草や植物の種、穀物などを食べる



IMG_0569-p.jpg



IMG_0116sp.jpg

オシドリ♂


IMG_0552-p.jpg

オシドリ♀


IMG_0433-p.jpg



IMG_0441-p.jpg

♂の後姿


IMG_0542p.jpg

岸辺の草を食べていました。


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/08(火) 05:44:19|
  2. オシドリ(鴛鴦)

猛禽類のオオタカ

resize1301.jpg

オオタカ(2006年9月~11月撮影)

・タカ目タカ科
・体長:♂50cm ♀60cm
・留鳥だが、一部のオオタカは越冬のため南下する(タカの渡り)
・飛翔能力が高く、ハトやカモ類、コサギなどを捕食するが、天敵が居ないとされるカラスを好んで捕食する固体もいるようです。
私は、オオバンを捕食するシーンやカワアイサに襲い掛かる姿を目撃しています。
・食物連鎖の頂点に位置するため、生態系の自然が健全でないと生息できない野鳥。
・2006年12月に公表の、環境省鳥類レッドリストにて絶滅危惧種から、準絶滅危惧種にランクが下がったそうです。



resize1306.jpg

オオタカ成鳥
♂は、♀より過眼線の幅が太いそうですが、私には見分けが付きません。




resize1310.jpg




resize1313.jpg

こちらは若鳥です。


resize1314.jpg

カラスの攻撃を受けていました。


resize1318.jpg

オオタカ幼鳥。


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/06(日) 05:41:54|
  2. オオタカ(蒼鷹)

オナガ

resize1286.jpg

オナガ(2006年5月~10月撮影)

集団で行動する鳴き声のうるさい鳥ですが、姿は美しいと思います。

・スズメ目カラス科
・体長34cm~39cm
・雑食性で、昆虫や果実、種などを食べるが、時に小鳥の雛も捕食する
・鳴き声はギー、ギューイギュイギュイと大きな声で鳴く
・かつては本州全土、九州の一部で観察されたが、現在は長野県以東から神奈川県以北に限定される



resize1287.jpg



resize1297.jpg



resize1288.jpg

交尾シーンです。





sP6256367s.jpg

2007年6月、一眼デジスコ※で撮影

※一眼デジスコとは、フィールドスコープにデジ一眼を装着したものです。



テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/06(日) 05:14:13|
  2. オナガ(尾長)

日本三鳴鳥・オオルリ

IMG_2449-p.jpg

オオルリ♂(2007年5月撮影)

とても美しくさえずり野鳥で、ウグイス、コマドリとともに日本三鳴鳥の小鳥です。
今回の撮影距離50~60mくらいで、さすがのデジスコでも(小鳥では)限界を超えて、解像度が悪いですね。

とりあえずの証拠写真として、ご覧下さい。

・スズメ目ヒタキ科
・体長16.5cm
・夏鳥として渡来、繁殖し、東南アジアで越冬する
・渓流沿いの森林を好み、飛翔して昆虫を捕食
・地鳴きはクッ、クッ。さえずりは美しく、ピリーリー、ポイヒーリー、ピールリ、ピールリ、ジッ、ジッと鳴く。



IMG_2265-p.jpg



2241p.jpg




IMG_2938-s.jpg



IMG_2740pp.jpg

これからの画像は、距離20m~25mくらいですが↑四枚とたいして違わないですね。(笑



IMG_3079-p.jpg




IMG_2997-p.jpg

オオルリ♀(キビタキの♀と迷いましたが、身体の大きさと近くで♂がさえずっていましたので、オオルリと判断しました)

♂に比べると別な野鳥に思えるくらい地味ですが、可愛いさではこちら?。
巣材をくわえているようです。




IMG_3011-p.jpg



テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/03(木) 05:12:53|
  2. オオルリ(大瑠璃)

プロフィール

@黄昏♂

Author:@黄昏♂
・194○年小笠原村母島に生まれる。

・使用機材:OlympusE-1 ZD14-54mm ED50-200mm+EC-14
・デジスコ:NikonEDⅢ+S80、現在EDⅢを里子に出しED82を使用。・2007年4月コーワ774導入。774+
30/38XWFA+S80がメイン機種になりました。
☆記事にデジ一眼or一眼デジスコと記入以外の写真は、全てデジスコでの撮影です。
☆撮影場所は都道府県単位で表示しますが、表示のない物は全て東京都での撮影です。

リンクはご自由にどうぞ。

☆記事に間違いがありましたら、訂正させて頂きます。
メールフォームからご一報いただけたら幸いです。

※画像は著作権を有します。無断使用、無断複製を禁じます。
※撮影場所等のお問い合わせは、ルールによりお応え出来ません。(ごめんなさいね)

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。